院内感染対策指針

整形外科井上病院・井上整形外科クリニックホーム > 院内感染対策指針

院内感染対策指針

1.院内感染対策指針の目的
この指針は、院内感染の予防・再発防止対策及び集団感染事例発生時の適切な対応など、整形外科井上病院(以下「当院」)における院内感染対策体制を確立し、院内感染の制御、医療の安全管理、質の高い医療の提供を目的とする。
2.院内感染対策に関する基本的な考え方
当院は、『スタンダードプリコーション』を基本に、『すべての湿性生体物質は、感染の可能性のある物質』として扱い、医療ケアを行う際に必然的に起こりうる患者・職員への感染症の伝播リスクを最小限に抑え院内感染を予防し、防止対策を推進するため、実情に即した実施計画の立案、調整及び効果の評価を行うと共に感染が発生した場合は迅速、かつ適切に対策を行う。
これらを必要性を職員一人一人周知徹底し、医療施設全体として取り組み、万全を基することを重要とする。
3.院内感染のための委員会 その他組織に関する基本的事項
院内感染対策を推進する目的で医療施設の各部門のメンバーから構成される院内感染対策委員会を設置し毎月一回会議を行い、消毒・清掃等の技術、処理改善方法などを討議し、院内感染に対するマニュアルを作成する。
また、職員に対しての周知徹底や啓発、感染が判明した場合の報告とその対応、院内感染の調査、院内清潔度や滅菌消毒業務の調査を委員会が中心となって行う。院内感染委員会は、病院長、看護師、臨床検査技師、薬剤師、理学療養士、栄養士事務で構成される。
4.院内感染対策のため従業者に対する研修に関する基本方針
全職員を対象に年2回以上院内感染対策に関する研修を定例開催し、新入職員に関しては3ヶ月以上経過した後指導する。また院外感染対策研修会・学会・講演会等の情報を掲示し、参加希望者を支援する。
5.感染症の発生状況の報告に関する基本方針
当院の細菌検査結果から微生物の発生状況を把握し、微生物の検出があった場合は、感染対策委員会会議において報告する。これらの発生状況についてを各部署に報告し職員用の掲示板に掲載し周知徹底を行っている。
またMRSA・多剤耐性菌検出状況、院内感染サーベイランスを毎月集計し感染対策委員会にて報告する。
6.院内感染発生時の対応に関する基本方針
院内における交差感染が発生した場合、院内感染対策マニュアルに基づき、対応をおこなう。速やかに詳細の把握に努め協議・対処を行い、必要と判断された場合は、患者や家族へ事実説明を行うと共に、新感染症・指定感染症に関しては、保健所等の関係機関に報告を行い、状況に応じ指示に従って対応する。
7.患者等に対する指針の閲覧に関する基本方針
当院の感染対策に対する考え方を周知するために、病院ホームページにおいて掲載し一般に公開する。
8.その他の院内感染対策の推進のために必要な基本方針
  1. 院内感染に対する正しい理解と知識を全職員に与えるために院内感染の啓発活動を積極的に行う。
  2. 消毒薬の選択及び抗生物質の適切な使用の指導。
  3. 院内感染に関する情報を収集し、職員への情報提供を行う。
  4. 各職員が知っておくべき院内感染対策の具体的な方法に関してはマニュアルを作成し、必要に応じて改訂を行う。
  5. 職員が、感染対策及び治療法上で不明な点があれば、委員会で共同して対処する。

井上病院 院内感染対策委員会
最終更新日:H21年4月20日

井上整形外科クリニック

〒860-0814
熊本県熊本市中央区琴平本町3-43
TEL:096-364-5510

外来診療時間
【月・木・金】9:00〜17:30
【火】9:00〜19:30
【水・土】9:00〜12:00
(昼休み 12:00〜14:00)
月・木・金の受付は17:00迄、
火曜の受付は19:00迄です

整形外科井上病院

〒860-0816
熊本県熊本市中央区本荘町644
TEL:096-364-5511

外来診療時間
【月〜土】9:00〜11:00
面会時間
【月〜日】10:00〜20:00